So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ソロ焼肉グリル その後 [野営道具 火器類]

さて、脳内キャンプばかりでなかなか時間が取れていませんが本日も焚き火台考察を

DSC_0004_R.JPG

使用サイズも決まり、底にパンチングを仕込んだわけですが小ぶりな炭を二つばかり放り込むとこんな感じ


DSC_0005_R.JPG

あ、100均でステンレストレーも仕入れました
本当はもう少しヘリの浅い丸型が良かったんですがありませんでした。。。

で、炭への着火は

DSC_0006_R.JPG
DSC_0007_R.JPG

中にトランギアを入れて、たぶん100均で売っている最小の焼き網の上に炭を置き、10cc程の燃料を燃焼させれば準備オーケー

網がちょいとかさばるので、ホリデーロードのパンチング使おうと思ったんだけど、組んだ後のサイズが大きすぎる

DSC_0009_R.JPG

それに、パンチングだと直接炎が炭にあたらないので火付きが悪そうだ

で、100均のステンレスの串をチョイ切り詰めて使うことに

DSC_0010_R.JPG

大きすぎるパンチングは、ホリデーロード製品に対し70%くらいの大きさで新たに切り出しました
もちろん2分割仕様です

DSC_0011_R.JPG
DSC_0012_R.JPG

網をつなぐ部材は曲げに少しばかり手間がかかるのでまだ切り出しただけ

実際の使用時にはトランギアじゃなくて100均の固形燃料を使ったほうが荷物がコンパクトになって良いかな
現地で乾いた木が入手できれば、炭を上に置き、最初に小さな焚き火でも良いと思う
シーズン中のキャンプ場であれば、炭も持ち歩かなくてもたぶん入手出来るだろう

ソロ焼肉グリル [野営道具 火器類]

DSC_0663_R.JPG

一時巷で話題沸騰していましたねぇ

我が家にも2台あります(笑)

一台は未使用なんですが、一台だとどうしても小さいんだよなぁ

もちろん趣はあるんだけど、わざわざ鍋をススだらけにしてお湯を沸かす気にもならず、かといってプチ焚き火だと燃料をひっきりなしにくべないと・・・・・。

そんな時のために!!

DSC_0664_R.JPG

カマド容量は大きくなるけど、でかい底板準備しないとな・・・・。
長年愛用しているホリデーロードのコンパクトストーブVHSあるし意味無いな

で、たどり着いた結論が ↓

DSC_0665_R.JPG
5枚使いの逆さ使用 !

ソロに最適な大きさで尚且つロゴスのコンパクトピラミッドグリルの様にボトムが狭くなっているので、少ない炭で効率よくソロ焼肉  と、目論んでおります

実際フィールドで使うVHSストーブは、
● 長年の使用により歪みが激しい
● 付属の五徳を使った状態だと熱源からの距離がありすぎる
● 上記の結果、必要以上に炭を使う

で、

DSC_0666_R.JPG

底にステンのパンチング仕込みました
ハサミで切れるのは0.6mmが限界だな

いつも薪ストの上で使ってる網を載せてみた

DSC_0667_R.JPG

ソロなら炭×2個とかでいけそうだ!!

灰受け用に別途トレーを用意する必要はあるけど、コンパクトだし良さげです

明日仕事場で綺麗に整形してヤスリ掛けしようっと

GW@美笛キャンプ場 [おとまり会]

超が付くほどリラックスできた今年のGW

間に仕事を挟んでいるので3連休しかありませんでしたが、連日晴れて日中の気温が高かったのは何年ぶりだろう

2日の仕事を終えてからの時間に用意を済ませ、車に荷物を放り込み、良いポイントをゲットする為、3日の早朝5時半頃には家を出ました

DSC_0638_R.JPG

良いじゃないか、支笏湖!!

現着は7時半頃だったんですが、既に車が並んでます・・・・。

DSC_0639_R.JPG

で、いつものようにあまりウルサイ連中の居ない左奥へ
なんと、今年は湖畔に設営スペースが復活してた
長いペグは持ってきていないが、ソリステ30と25cm位のプラペグ併用でガレージパーティを設営
幕の設営中は気温がどんどん上がって暑いくらいだったけど、気温が落ち着いた頃にはやはり風が出てきた
時折吹く強風により、何度も抜けるペグ達
木の枝削って長いペグを作り補強し一時はイケルとも思えたけど、7~8mの風が吹くとやはり><
このままじゃ落ち着かないので大型ホームセンターまで足を運び、長さ約50cmの農業用プラペグを購入し根元まで打ち込んでやりました
その後は、持ち込んでいたダイブヤックのシングル艇や明日の釣り等の準備をしたりで、1日目終了

で、2日目も朝から良い天気

DSC_0640_R.JPG

7時頃からだんだん気温も上がりだし、風もないのでこのぐらいの時間帯は本当に気持ちが良いです

DSC_0641_R.JPG

さぁ、ダイブヤックに釣り道具仕込んで出発~~

DSC_0642_R.JPG

ただ、さすがに連休で釣り人が多い
チョコチョコ竿振りながら漕ぎ進んで、あっという間にお昼
ハンモックを設営できそうな場所を探して上陸

DSC_0643_R.JPG
DSC_0644_R.JPG

この頃から少し風が出てきたんだけど、昼寝して起きた頃にはもう白波が(笑) 風は4~5mほどでしょうか
もう先には進まず、引き返す方向で漕ぎ出します
が、さっきまでは時折吹く4~5mの風だったのにひっきりなしに吹くように
さらに時折7~8mほどの風も たまに10mくらいの風も混じります
もうそのくらいになると、全力で漕いでも停滞するのが精一杯
少しでも力を抜くとあっという間に岸に寄せられます
抵抗するのをあきらめて流されようとはするんだけど、方向転換の最中の真横からの強風はダイブヤックでもやばいと感じるほど
しかもここいらは岩場なので上陸ポイントもそう多くはありません その場合は岩に張り付かないように死ぬ気で漕ぎました
風の吹く合間を縫って、次の上陸ポイントを目指し必死漕ぎ → 上陸 → 必死漕ぎ → 上陸

DSC_0646_R.JPG

何度か繰り返すとようやく風のあたりが弱い面に
もうね、いつも遅い遅いと感じていたダイブヤックがアメンボのように感じられたよ
良い経験だったわ

で、日が落ちるといつものように穏やかな支笏湖に

DSC_0647_R.JPG

3日目の今日は珍しく普通の時間帯にチェックアウトしてきました
気温が上がりだすとまた風が吹き始めカヤック遊びがきつくなるからね

ここ美笛キャンプ場、大型連休ともなると一般的にはなじみの薄い海外製の大型幕を必ず目にするんだけど、手ごろなサイズのツーポールシェルターはなかなか見かけないので見かけた人には存分にアピールできたんではないかと思う
話しかけられたり写メとられたり 嬉しい限りです

いつかkifaruの最大サイズの参天を手に入れてみんなを驚かせてやるわ ♪

年中行事ひとつクリア~! [おとまり会]

観光地で、用もないのにニヤニヤしながら「コニチワ~♪」とか「モーカリマッカァ?」とか言いながら近寄ってくる外人には、困惑した表情で「ぱーどぅん!?」を繰り返すことにしているノーティーです


さて、年末のTVでは年末年始は穏やかな天気で初日の出がしっかり拝めそうとの事でしたのでワクワクしながら湖畔に向かったのが31日の午前10時頃

家の周りはそんなに晴れていなかったものの、現地は良い天気 ♪

DSC_0629_R.JPG
DSC_0632_R.JPG

が、ある程度わかってはいたものの、積雪は50cm程はある
地面が出るまでの除雪は労力がかかり過ぎる為、止む無くプラペグでのガレージパーティー設営
冬用の長いプラペグじゃないので、当然ながら出入り口以外のすそ周りはすべて雪を積んだ

DSC_0630_R.JPG

で、後はひたすらコレですよ

DSC_0634_R.JPG

31日は日中の天気が良かったせいか、最低気温は日没時刻より少しあとにマーク
それでも-8℃とかだ
その日は夜中まで終始晴れていたんだけど、翌朝5時頃には曇りに変わってた
カメラを構えた人が何人も居たんだけど不発だったろうなぁ
逆に、今年最後のサンセットを近くの山頂から拝んだ人は当りだっただろう

去年も年末年始にここを訪れる人が少ない と書いたが、今年はさらに少ない気がした
なんせ、釣り人が全然居ないのだ
地元漁協がブラウンを駆除しているとの話を聞いたが、そのせいかも知れん
その代わりに2~3年後の虹鱒には期待できるとの話も

さぁ、次の年中行事はワカサギ釣りだ!
もうマクンベツは開幕してるとの情報もあるので近いうちに出撃します

シャローム

ベニヤック 強制終了 [カヤック]

人間、年齢を重ねると色々と変化があるものです

性格が穏やかになったり、逆に頑固になったり、あるいは涙もろくなったり
夜中にトイレ行きたくなって目が覚めたり、そのくせ朝が早くなったり
はたまた、数人集まると必ず薬の話か病気の話になったり(笑)

自分もついこの間久々に号泣しました。。。

仕事を終え帰宅すると、真っ先に冷蔵庫をあけ水分補給するのが毎日のルーティーンなんですが、この前の土曜日もそう、いつもと変わらないはずでした

いつもと同じように冷蔵庫を開けると、いつもは無い1ℓのステンボトルが
前日に消費しきれなかった物をボトルごと放り込んでおいたのでした
迷わずそいつを掴んで、、、、と、ここまでは良かったんですが、指紋が浅くなり物を掴み辛くなっている自分の手、スルっと手をくぐりぬけたボトルは地球の中心に吸い寄せられていきました
「させるかっ!!」 とばかりに先回りした手は掴み取るどころか逆にボトルを上にカチ上げる結果に
自由落下に回転運動を付与されたボトルは狙っていたかのように左足の薬指にメガヒット!!

「△@※<>POj※402p3ふじこっ!」  と、絶叫し遠のいていく意識
完全に涙腺崩壊しました(笑)

「ボトルの分際で、ンナロー!」と、ぶっ潰してやりたい気分に駆られましたが、そこは大人の自分、ぎゅーっと握り締めるだけで勘弁してやりました


で、紫色に彩色された薬指を気にしつつ、本日も支笏湖へ繰り出しました with ベニヤック

今日はほとんど出艇する事の無いポロピナイへ
温泉街まで岸よりをノンビリと、往復4時間くらいかけて漕ぐ予定でしたがコンディションはイマイチ
程なくして合流したnrちゃん、本日はアリュート380です
黙って波間を漂っていても沈するとは到底思えないほど安定性のあるアリュートですが、やはり漕ぐのは辛そうです
対してベニヤック、1次安定性はソコソコあるものの、常に沖からの波に注意を払っています
漕いでいる分には沈の危険性はあまり感じません
コックピットが浸水してしまうような波も出始めているので遠出は諦め近場をチョロチョロと漕ぎ、程なく上陸しエネルギー補給を
湖面状況はジワジワと悪くなり、先程までTシャツ1枚で漕いでいたのになんだか寒いです
上に長袖ラッシュガード+ドライトップを着込みもう少し先まで足を延ばすことに
アリュートは相変わらず辛そうでしたが、ベニヤックはスイスイ進みます
調子こいて波に突っ込むようにパドリングをし遊んでいました
カヤックが波で持ち上げられ、その後下がった時に何度かスターン部で波を叩く感じに
何度か繰り返しているうちに後ろから変な感触が
足元を見ると水が流れ込んできています
nrちゃんに 「ヤバイ 浸水だ」 と声をかけ 猛ダッシュで岸を目指しましたがあっという間に転覆
スターン部はちぎれて分離しています
パドルを放すことなく、落ち着いて沈脱はできたものの独りではどうしようもありません
アリュートに片手で掴まり、もう片方の手で自分の船体を掴んだ状態で岸まで引っ張ってもらいました
自身も全力でバタ足してたんですが、猛烈に重かったようです
波間を漂っていたスターン部は試乗会を開催していたモンベルの関係者様が捕獲、岸まで引っ張ってきてくれました

1474783566150.jpg

その後2分割された船体の、大きな方はアリュートで曳航、もう1つは自分で担いで徒歩で車まで戻りました

ベニヤックのシーズンはこれにて強制終了
今後コイツをどうするかはまだ決めていません

それよりも思ったのは、今回はたまたま幸運が重なり笑い話で済んでいる事だ
nrちゃんが近くにいた事
他のカヤッカーと同方向に漕いでいたので、手を貸してもらえた事
たまたま数分前にドライウェアを着込んだ事
夏場のシュノーケリングに伴い、水深のある所での船からの入水・再乗艇の経験があった事
その他にも色々ある
もしこれが前回の野営時の、真っ暗な中で、しかも伴走者が離れている状況だったらと思うとゾッとする

自身が気をつけるのはもちろん、他の人に忍び寄る危険にもいち早く気が付けるようにならないとなぁ と痛感した一日でした

あ~、楽しくて良い経験だった!

シルバーウィーク@支笏湖 [おとまり会]

大丈夫! 生きてます!

ここ二年ほど、金無い・時間無い・からだの調子悪い とロクな事が有りませんでしたが、そんな生活に別れを告げたのが8月の頭
以来、体の調子を上向きに修正しつつジワジワと活動を再開していました

そんなこんなで、今回のSWは暫くぶりの連休となりました

土曜日は仕事だったんですが、お昼には切り上げる事ができたのでいったん帰宅して体を清めたあと猛ダッシュで支笏湖に向かいました

天気はソコソコだったんですがポロピナイに人はあまり居なかった

で、次に通過したのはモラップキャンプ場
道路際まで誘導員が出ていました
激混みなんでしょう
もちろんこの先の美笛キャンプ場も同じでしょうね

ハナっから分かりきっているので目指したのは通称「美笛・チップ船」
2泊3日の行程で、ダイブヤックを引っ張っていくので準備にも時間がかかります

今回の荷物.jpg

そうこうしている内にNrちゃん到着
Nrちゃんの準備を待つ間、初曳航の感触を掴むため近場をグルグルと漕ぎます
風もそんなに強くはなく、白波もかろうじては立ってはいませんが結構なうねり

Nrちゃん艇.jpg


さ、Nrちゃん、出発しますよ~

出発~.jpg

コンディションを考えると時間的に余裕は無いのでかなり沖合いを漕いで一直線に目的地を目指しました
右前方からの向かい風なので油断していると横波に持っていかれそうになります
何度か、巻いてくる波をかぶりカバーの無いコクピットは水浸し
ダイブヤックの重さもヒシヒシ感じます><
危険だと感じたので真っ暗になる前に陸地を目指すことに
で、暫く漕いだ後、ようやく野営地に到着
猛烈に疲れました

サクッと幕を設営したあとはようやく晩御飯
気温は思ってたより高かったので穏やかに過ごせました

変わって2日目はほぼ雨
ドライウェア着込めば何も問題は無いんですが気分が乗らないのでほとんどの時間を寝て過ごしました
せっかく引っ張ってきたダイブヤックも意味なし!!
with ダイブヤック.jpg

3日目は朝から晴れ
その分気温も下がり、10℃を下回っていた
9時頃を過ぎると気温も上がりだし、コンディションは非常に良いのですが、食材も食べつくしたし、後片付けも大変なので早めに戻る事に
来た時よりも荷物が軽くなっている事もあるけど、復路は2艇の重量バランスを考えて荷物を積み込んだのでスイスイ進みます
たぶんダイブヤックのイスを倒した状態なら更に漕ぎが軽くなっただろうと思われる

帰りしな、いつもポロピナイに立ち寄るんですが、フネ漕いでる人が全然いません
一般的な人達にとっての「シーズン」はもう終わりなんですね
撤収時 ポロピナイにて.jpg

ようやく静かに野営できるシーズンの始まりだぁ~~!

いわゆる続編ってヤツは。。。。。 [日々の記録]

久々のアップですが、生きちょります

我慢できずにDVD買っちゃいました
111.jpg

3回連チャンで観ました



スケール小さっ!!

ハリソンフォードはソコソコのキャストだけど、   

マークハミル  お~い、どうしちゃったんですかぁ~!!
最後の最後に振り返ってのカメラ目線・・・・。 いるの!? 必要性あるの!?

違和感を感じながらも続編として面白かったのは、アナキンスカイウォーカーの幼少時代の話だけだなぁ

いい加減引っ張らないで落とし所を考えて欲しい
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オピネルNo12 [野営道具 その他備品]

オピネル№12.JPG

なんとなくオピネルの12番を買ってみた
包丁として使うサイズだ
写真では刃の部分が黒く見えているが黒錆び加工はしていない、そう見えるだけです
グリップ部分だけはオイル漬けした
もちろんシャレたオイルなんぞ家にあるわけも無く、GL-5・85w-90ってやつを使いました  わかる人だけわかってください(笑)

ワカサギ釣りでの考察 [なんちゃって釣り奇行]

ここ札幌近郊、今年は非常に雪が少ないです

また、強烈な寒気もいまだ訪れていない

ワカサギ釣り情報を年末辺りからチェックしていたので、今日はマクンベツに行って来ました

DSC_0410.jpg
これは帰りに撮影したものです



現着は午前5時半頃

ばっちりホワイトアウトです(笑)
そんなに荒れる予報でもないので1時間ほどウトウトしながら様子見

少し収まる気配があったのでさっそく穴をあけ、メガライトを設営
氷の厚さはまだ20cm程しかなく、しかもまだしっかりとは固まっていません
幕の設営時は風が強く結構難儀した 先にあけた穴にあわせて設営しなきゃならないからだ
クロスに打ったソリステとプラペグを併用しとりあえずはおk

しかしながら、雪こそ降ってはいないけど結局終始風の止む事は無く、落ち着かないので2時間ほどで退却

いつも思うけど、モノポールシェルターは設営時に強風が吹いていると厄介だ
自分以外の釣り人は9割方ワンタッチ設営の出来るドーム型のワカサギテント
ドーム型も風があるときの設営は厄介なのはわかっているけど、一度設営してしまえば強風下の中でも居住空間に大きな変化無く安心して過ごせるんじゃ!?(物にもよるけど)
モノポールは風に強い!と言われる事もあるみたいだけど形・大きさ・素材によりけりだと思う
今日みたいなコンディションだとパッキングサイズ・撤収の早さ・重量くらいしかアドバンテージは無い
実は先シーズン、耐風性・居住性共に納得の出来るワンタッチタイプのテントをネットで注文したんだけど、在庫切れだった
その後、その商品は再販されていない
今シーズンはもう買わないけど、来シーズンに向けてあれこれ画策しようと思う


話は変わって、幕内暖房

いつもは「国際君」灯油ドライブ+ヒーターアタッチメントですが、今回はガスバーナー(CB缶)+ヒーターアタッチメントで臨んでみた
前回使用時、出力低下を防げなかったので今回は構成部材を変えてみた

DSC_0409.jpg

今朝の気温は-5℃ほど
メガライトくらいの空間なら ↑ の構成で十分暖がとれる(火力は中火で十分)
前回はウィンドスクリーンに国際君付属のアルミの薄板だったけど、ウィンドスクリーンは出来るだけ平滑な方が効率が良い事がわかった
↑ で使用しているのは冬季用ではない、いわゆる最安のCB缶
中火使用で約2時間の稼働時間
次の缶をあらかじめ暖めておけば再着火も非常にスムーズ
ランニングコストこそ灯油ドライブにはかないませんが、簡単にパック品が入手できるし、何よりも楽だ ♪
CB缶暖房といえばガスピアが席巻していますが、出力・同時に調理できるなどの利便性で圧倒的にこちらのシステムのほうが自分には合っている

北の雄、快速旅団さんでも最近CB缶暖房について考察・検証されていますね

あとはどれ程の低温まで耐えられるのかの検証ですね
まぁ、ワカサギ釣りでの使用だと-15℃が考えられる最低気温かな

追記 [おとまり会]

さて、散乱していた道具達も元の場所に収まり次の出番に向けて待機中

で、前回触れなかった事の追記を

冬用のマットとして今回はビッグアグネス社のトゥートラックパッドを使用したんですが、やはり準備はかなり楽だった
冬季なんでバルブ開放してもすぐには膨張はしないんですが、息を吹き込み放置さえしておけばおk
暖房に灯油を使用したので結露は凄かったんですが、濡れに対しても神経質にならずに済んだのはホント良かった
サイドスリーパーの自分の場合、空気は多めに入れるんだけどそうすると若干エアーマット特有のボヨンボヨン感はあるかな
カタログデーターでは-30℃対応とあるけど、実際は-20℃あたりかな?と自分では思っています(根拠なし あくまで感覚)

中華ランタンは、使用後、燃料は抜かずに圧力計のネジを開放しての運搬だったんですが、燃料漏れを起こしていました
揺れにより内圧が高まり圧力計ネジ部分だけでは開放しきれなかったんでしょう
ニップル部分から噴いていました(ニードル撤去しているため)
武井君用に残燃料抜き取りホースはあるんですが、ニードル撤去しているために加圧は出来ません
今後の扱いの課題ですね
また、メッキ塗装したトップリフレクターは既にハゲハゲ
下処理せずに塗装した事もあるんだけど、それにしても定着が弱い!

また、久々に登場したペンタライトですが幕の内側が若干ベトついてきた
設営回数も少ないし、必ず乾燥させてはいるんですが・・・・・・。
で、
DSC_0402.jpg
幕同士のくっつき防止の為タルカムパウダー塗布しました
でも、毎回内部の結露によって流されてしまうんじゃないかな?
裏返して設営・塗布出来ればまだしも、平置きでの塗布は結構な仕事です
暖かくなったらシリコーン塗布したほうが良いかな

なんだかんだ言って、毎回こういう課題が出てあれこれ考えるのも野営の楽しみの一つである事は間違いないです


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。